面接で緊張してしまうときは、なるようになるさの精神で…

面接で緊張してしまうときは、なるようになるさの精神で…

面接で緊張してしまうときは、なるようになるさの精神で… 面接って、いくつになっても緊張しますよね。わたしはものすごく苦手です。大人になってからはあまり面接される機会も少ないですが、それでもパートやアルバイトの採用の際には必ず面接があるので緊張します。元々わたしは人見知りなので、あまり知らない人と話をすること自体が苦手です。しかも面接の場というのは、何かを試されているような気がしてしまうので、さらに何を話して良いかわからなくなってしまいます。

今までいくつかの面接を受けてきた私ですが、その中で自分なりに見つけたルールのようなものがあります。そもそも面接の時に緊張してしまうのは、相手に自分をよく見せようとするからだということに気付きました。どんな人でも、面接に受かる時もあれば落ちる時もあります。それが現実なのだということを、自分の中で受け止めて、「落ちても仕方ない」「また次がある」そう考えて面接にのぞむようにしました。ある意味開きおなりのような感じですが、私にはそのくらいでちょうどよかったように思います。なるようになるというスタンスで面接にのぞむようになってからは、必要以上に緊張することがなくなりました。もし、面接が苦手で悩んでいるかたがいましたら、ぜひ実行してみてください。ときには開き直りもOKです。