面接で緊張してしまうときは、なるようになるさの精神で…

面接ではリーダーシップを取れる人が有利です

面接で緊張してしまうときは、なるようになるさの精神で… 日本の企業においてリーダーシップというのは、学校で習うことがなかったために社会に出て取ることが多くなります。スポーツでキャプテンをやっていたり、マネージャーをやっていた人は、率先してリーダーシップがあったり、もしくは縁の下の力持ちの位置で頑張っていた経験がある人になり、企業でも面接では優遇されることがあります。就職活動において過去のスポーツ経験というのは、実は積極的な人間であるのかどうか、もしくはスポーツをやり続けてきたのかどうかによって、すでに評価されているといっても過言ではありません。

もちろん、それだけで面接での採用が決まるわけではありませんが、大きなアドバンテージになっているといえます。企業でもリーダーシップをとれる人間が必要になるのは、やはり組織としてやっているからになり、行動力や気力体力を持ち合わせているタフな人間がいることで、かなりのプラスに働くことがわかっています。精神的なことですが、何でも投げ出してしまう人は評価をされなく、一つのことをやり続けてきたということが、採用担当の目に留まることになります。学生のころから積み上げてきたものがあるというのは、人生にとってプラスに働くと知っておくことです。